関東別院では護摩法要が行われる

阿含宗は比較的新しい宗派であり、立宗されたのは1978年のことです。日本の仏教において新しい宗旨が登場したのは鎌倉時代以来のことであり、阿含宗の誕生というのは歴史的なものだったのです。そんな阿含宗の関東地域における中心となっているのが関東別院という寺院なのです。

関東寺院ではいろいろな行事を開催しています。その行事には一般の人達も参加することができるのです。たとえば毎月8日になると愛染明王祭が行われるのですが、こちらでは護摩法要を間近で見ることができるのです。とても迫力があり、宗教的にも意味のある行事となっています。護摩法要のあとには僧侶による御法話が行われるのですが、こちらも人気を集めています。このような行事を通して一人でも多くの信徒を増やそうとしているのです。多くの方に阿含宗の教えを広めるために関東別院が存在しているのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る